『町田ひろ子さん アカデミーでインテリアコーディネーターを育成』

カテゴリー : 
おしごと/先輩
タグ : 
#将来
2022.02.01
きみはインテリアコーディネーターという職業を知っているかな?
毎日をきもちよく暮らすために、ライフスタイルに合った空間を作っていく職業だよ。
インテリアや住宅や商品に関する幅広い知識・専門的な技術などを駆使し、家具やカーテン、照明等の商品をトータルにプロデュースしていくんだ。

今回インタビューをお願いした町田ひろ子さんからは、インテリアコーディネーターは、暮らしに寄り添い、家族と暮らしを考える仕事で、女性も多く活躍しており、「女性にとても向いていて、一生続けられる奥が深い仕事」と教わったよ。


インテリアコーディネーター 町田ひろ子さん

さっそく観てみよう!



町田さんは海外に留学したあと帰国し、インテリアコーディネーターを提唱、仕事を始めたんだ。始めに手掛けたのは、自分のこどもの部屋。
ロフトや、105度に傾けた壁などでこどもの想像力を育てる部屋を作り上げると、それが新聞に取り上げられて話題に。それが町田さんのデビュー作になったそうだよ。


インテリアコーディネーター

インテリアコーディネーターの仕事ってどんなもの?資格は必要?


インテリアコーディネーターの仕事は、依頼主からの希望を聞いて住宅や店の内部を総合的に演出することです。
依頼主が希望するイメージなどを聞き、かべ紙やカーテンの色、照明の配置、テーブルやいすなどの家具の組み合わせといった、その部屋をつくる要素を総合的に計画します。
そして内部の設備や装飾のためのプランを作成したり、照明やカーテン、小物、ファブリック、観葉植物などのアイテムを選んだりします。工事が始まると、依頼主や設計担当者と打ち合わせを行いながら、一つひとつインテリア用品を選んでいきます。
マンションや一般住宅、店舗や医療施設だけでなく、オフィスビルやショッピングモール、公共施設といった大がかりな仕事を手がけることもあります。

インテリアコーディネーターの仕事はどこでできる?


・住宅関連企業
インテリアコーディネーターの活躍の場は多岐(たき)にわたりますが、おもな就職先となるのが住宅関連企業です。 住宅メーカー、建設会社、工務店、リフォーム会社、設計事務所などです。
・家具や住宅設備のメーカー
水回りの設備や大きな家具などは選択肢がたくさんあるだけに選ぶのが難しいものです。 建築設備会社、家具メーカー、照明メーカー、家電メーカーなどでインテリアコーディネーターが活躍しています。
・インテリア商品の小売店
百貨店のインテリアコーナーやインテリアショップ、家具店のショールーム、ホームセンターなど、インテリア商品を展示・販売している場でもインテリアコーディネーターが活躍しています。
・その他さまざまな業界
住宅業界やインテリア業界だけでなく、近年ではテレビ制作会社や出版社などのメディア関連業界、ブライダル業界、テーブルウェア関連企業、ガーデニング関連企業、アート関連企業、画廊(がろう)、福祉関連企業などさまざまな業界でインテリアコーディネーターの専門知識が求められており、活躍の場があります。
・企業に勤めるだけでなく、フリーランスになる道も
経験を重ねて実績をつめば、フリーランスのインテリアコーディネーターとして働く道も選択肢となります。 安定的に依頼があるかどうかは提案力や実績に左右されますが、自分の力で道を切りひらいていくやりがいは感じられるでしょう。

インテリアコーディネーターに必要な力とは?


・室内空間を演出するセンスは基本
インテリアや住宅についてくわしい知識をもち、室内空間を使いやすく美しく演出できるセンスがあることは基本です。
ベッドやテーブル、ソファなどの大きな家具だけでなく、照明器具や壁紙、カーテン、ファブリック、アート小物など、さまざまなものがインテリアに含まれます。 異なる素材を組み合わせていくため、色のバランス感覚や構想力も必要です。 インテリアの商材を知るためにショールームやショップをまわるなど、最新の情報にも敏感であることが必要です。
・建築・設計関連の知識や製図の道具も必須
インテリアの配置を計画していく際には、設計や建築、施工などについての知識も必須です。
室内の家具などだけでなく、水回りの設備や配管、電気関係の配線などについても理解したうえでインテリアを考えます。
インテリアを考えるときには、設計図も必要です。建築物の構造や間取りを把握(はあく)したうえで、何をどこに配置するか考え、設計図に書き込んでいきます。
インテリアコーディネーターが使っている製図道具には、直定規、三角スケール、三角定規、コンパス、ヘキサスケール、型板(テンプレート)の円定規などがあります。 最近ではタブレット端末でメモを残したり、パソコン上で家具の配置をシミュレーションしたりすることもあり、デジタル関連の知識もあったほうがよいと言えるでしょう。
・依頼主のニーズをくみとるコミュニケーション力
インテリアコーディネーターの仕事は、依頼主の希望があってこそ成り立つものです。
依頼主が何を希望しているのか、どんなイメージをもっているのか、正確につかむためのコミュニケーション能力がとても大切です。
依頼主のイメージが漠然(ばくぜん)としている場合には、インテリアコーディネーターがそのイメージを具体化し、提示することも必要になるでしょう。
・わかりやすく伝える力
依頼主の希望を聞いてインテリアの計画を立てたら、それを依頼主にわかりやすく伝えることが必要となります。
依頼主の希望に対してどのように考えたか、プランの内容や具体的なイメージが相手に伝わるよう、図面や透視図(パース)、模型、プレゼンテーションボードなどを用いて表現し、提案します。 住む人の立場になって考え、じょうずにアドバイスする力も必要でしょう。
・現場の人との交渉力やコミュニケーション力も必要
依頼主のほかにも、インテリアコーディネーターが仕事を進めるうえで関わる人はたくさんいます。
たとえば建築士、現場監督、現場の職人さん、各設備機器や家具・照明メーカーなどの営業担当者などです。
依頼主の希望を具現化できるよう、窓口となって要望を伝え、相談したり交渉したりします。逆に現場の状況を依頼主に説明するということもあるでしょう。
依頼主と現場をつなぐ役割として、さまざまな人と関わりながら進めていくのがインテリアコーディネーターの仕事なのです。

インテリアコーディネーターの将来性は?裾野が広がりニーズ高まる


インテリアにこだわりをもつ人が増え、ショップやオフィスだけでなく、一般の住宅の新築や改築にも、専門家であるインテリアコーディネーターが求められるようになっています。
依頼主に満足してもらえる質の高い提案ができるだけの実力を身につければ、より活躍の場が広がるでしょう。



インテリアプランナー

インテリアプランナーの仕事内容は?インテリアコーディネーターとの違い(ちが)は?


インテリアプランナーとは、商業施設(しせつ)や公共施設、オフィス、住宅など建築物の室内空間の設計を、企画(きかく)から工事の監理(かんり)まで、総合的に行う専門職です。
インテリアプランナーは工事に取りかかることが決まると、依頼(いらい)する人と細かく打ち合わせをして、快適さや機能、安全性を考えたインテリアのデザインイメージをつくります。
そして室内の環境(かんきょう)・設備の計画や設計、内装の方法や材料、家具や照明器具、カーテンなどを選び、必要な設計図や書類などを作ります。
工事中は工事を責任持って取り仕切り、現場で指示をすることもあります。
インテリアコーディネーターは個人の住宅の仕事を中心に、すでに完成されたインテリアを扱(あつか)うことが多いですが、インテリアプランナーは、インテリアの企画や設計からたずさわることもあり、扱う建築物の種類や規模も多岐(たき)にわたります。
資格試験は社団法人インテリア産業協会が認定(にんてい)するインテリアコーディネーター資格試験、財団法人建築技術教育普及(ふきゅう)センターが認定するインテリアプランナー資格試験と、種類が違います。

インテリアプランナー住宅メーカーや設計事務所、建設会社などで働く


主な職場は、住宅メーカーや設計事務所、建設会社などで、近年は家をリフォームする分野でも活躍(かつやく)しています。
設計や図面を製作するために机に向かって作業するほか、注文した人との打ち合わせや工事現場の監理などで外出することも多いです。

インテリアプランナーには建築の知識が必要?向いている人とは?


建築に関するさまざまなことがらについて専門的な知識を持ち、ムダなく計画的に物事を進めていける人に向いています。
また、施主(せしゅ)のニーズを理解するコミュニケーション力や、工事現場で指示をするリーダーシップや調整力も必要です。
ざん新な発想力や豊かなデザインのセンスも求められますが、建築物はあくまで実用的でなければならないので、こまやかな生活感覚も欠かせません。
また、手入れや交換(こうかん)をしながら長年使えるようにしたり、環境や経済性にも配慮(はいりょ)したりすることが必要です。

インテリアプランナーの将来展望は?


一般的(いっぱんてき)な住宅だけでなく、お店や公共施設でも、インテリアが人の心に与(あた)える影響(えいきょう)は無視できなくなっており、利用する人の要求も高く、はば広くなっています。
質の高いインテリア関係の専門家は、これからも求められるでしょう。
インテリアプランナーとして働く上では、建築や設計、施工に関する専門知識も欠かせません。
常に最新の情報にキャッチアップし、熱心に勉強する姿勢も必要です。



カテゴリー : 
おしごと/先輩
タグ : 
#将来
2022.02.01

『将来』のこの記事もあわせて読む!

クラス替え 決まる前 決まった後にキミがやるべきこと

新しい学年が始まる。学校が楽しくなるのもならないのもどんなクラスになるかにかかってる! そこで、クラス替えが決まる前のいまなら、ベストなクラスになるおまじないを! 決まった後にはどうやって過ごすかを特集したよ!
くわしくはこちら!

体育祭準備スタート! 準備でおさえるべきこと

GWがあければ体育祭の準備という学校もあるよね。センパイたちが知っておきたかったな~というあれこれ、ミライ科を見てるキミにだけ教えちゃおう!
くわしくはこちら!