『雪浦聖子さん sneeuw主宰 ファッションデザイナーになるには』

カテゴリー : 
おしごと/先輩
タグ : 
#将来
2022.02.01
いつも着ている洋服。おしゃれな服を着るとテンションが上がるよね。
自分の好きな服をデザインできたらいいな~と思っている人もいるかもしれないね。

ファッションデザイナー 雪浦聖子さん


小さいころから洋服に興味はあったけど、進路は一般大学に進学。
ファッションとは違う世界で働いて、改めて専門学校に入りなおしたんだって。
そんな雪浦さんのエピソードを聞いてきたよ!
さっそく動画を見てみよう!

ファッションデザイナーのお仕事について



中学生時代の過ごし方や、ファッションデザイナーになったときのことついて



どうだったかな? 今、将来の夢を決め切る必要はなくて、「まずは勉強をし続けてみる」というのも、ひとつの選択としてあるんだね。
その上で「やっぱりやりたい」と思ったときには、少し自信がなかったとしてもまずは行動してみることが大切なのかも。
「やったもん勝ち」の精神で、キミもチャレンジしてみよう!


ファッションデザイナー

ファッションデザイナーの仕事内容は?


新しい洋服を考え、デザインします。
ファッションデザイナーは、洋服のイメージをデザイン画にして、素材を決めたり細部の仕上げを考えたりして、新しい洋服を生み出す仕事です。
高級な注文服を仕立てるオートクチュールデザイナーという仕事もありますが、多くのファッションデザイナーはアパレルメーカーなどに勤務して大量に生産する洋服のデザインをする企業内デザイナーとして働いています。
洋服は季節に合わせて新商品が発売されるため、半年から1年ほど前から先の季節の流行を調査したり予測したりして企画を始めます。
デザイン画をかいて新しい服のイメージが決定すると、パタンナー(※1)など実際の洋服作りをするスタッフを指揮したり製造工場に指示を出したりします。

※1 デザイナーのかいた絵から実際の洋服を作るための型紙(パターン)を作る専門の仕事。


ファッションデザイナーはどんな働き方をするの?



企業内デザイナーは会社員なので、安定した給料をもらうことができます。
ただしメーカーの意向に合ったデザインを要求されます。
メーカーがあつかう洋服にはレディース、メンズ、子ども服、スポーツウエアなどさまざまな分野があり、規模の大小もさまざまなので、自分のやりたいことやよりよい働き方を求めて職場を変えることもめずらしくありません。
独立して会社を立ち上げてアパレルメーカーと契約したり自分のブランドを持ったりすることもあります。


ファッションデザイナーはどんな人に向いているの?



流行のファッションが気になる、自分流のスタイルを作るのが好きなど、おしゃれに興味のある人が向いています。
ファッショングッズを手作りする、絵をかくなど、思いえがいたものを作ったり表現したりするのが好きな人も、ファッションデザイナーに必要なセンスや素質を持っているでしょう。
情報収集力や時代を読む目、ほかにはない独創性、企画の提案力、多くのスタッフと仕事をする協調性やリーダーシップなど、総合的な力が求められます。


2202fashion-design.png


カテゴリー : 
おしごと/先輩
タグ : 
#将来
2022.02.01

『将来』のこの記事もあわせて読む!

クラス替え 決まる前 決まった後にキミがやるべきこと

新しい学年が始まる。学校が楽しくなるのもならないのもどんなクラスになるかにかかってる! そこで、クラス替えが決まる前のいまなら、ベストなクラスになるおまじないを! 決まった後にはどうやって過ごすかを特集したよ!
くわしくはこちら!

体育祭準備スタート! 準備でおさえるべきこと

GWがあければ体育祭の準備という学校もあるよね。センパイたちが知っておきたかったな~というあれこれ、ミライ科を見てるキミにだけ教えちゃおう!
くわしくはこちら!