『天野仁さん 弁護士 憧れの弁護士のなり方って?』

カテゴリー : 
おしごと/先輩
タグ : 
#将来
2022.01.07
ドラマなどでも取り上げられて憧れる職業「弁護士」。
「裁判で弁護をする姿はカッコいいけど、なるには難しい試験をクリアしなければならないし、今から「なる!」と決めなければいけないよなあ~」
そう思っているキミ。
じつは、一度別の仕事をやって、やはり弁護士になりたい!と決意した人もいるんだ。



弁護士 天野 仁さん



45歳で弁護士になった天野さんは元々は銀行員。
銀行員から弁護士になった道のりについて語ってもらったよ。
さっそく動画を見てみよう!






どうだったかな?銀行員、弁護士と経験し、また新たなことに挑戦したいと語る天野さん。
新しいことを始めるのに「いつまでに」というのはないということを教えてもらえたね。さあ、キミも「やりたい」と思ったことは経験に限らずいつでも挑戦してみよう!



弁護士

弁護士の仕事内容は?


弁護士は、高度な法律の知識を使って依頼者の権利や利益を守る法律のプロです。
私的なもめ事から事故や事件、犯罪まで、さまざまな依頼に対して依頼人に代わって相手と話し合いや交渉をします。
裁判になれば法廷で相手と争い問題解決を目指します。
裁判のために重要な情報や証拠を集めたり、法令(※1)や判例(※2)の研究も念入りに行ったりしています。
※1 法律と、行政機関の出す命令のこと。
※2 過去の裁判において下された判断のこと。


弁護士はどんな働き方をするの?


独立開業する人が多い一方で働き方が多様化しています。
はじめは法律事務所に勤めて仕事を覚え、経験を積んでから独立して事務所を開設することが多いようです。
現代は働き方が多様化して、弁護士が足りていない地方で働いたり、語学力や専門分野の強みをいかしたり、企業の法務部署に就職したりするなど、活やくの場が広がっています。
強みや実力、知名度などによって仕事量や収入も変わり、長時間働くこともあるでしょう。
一方で、訴訟や裁判が増えると考えられていましたが、予想していたほどにはならず、弁護士の数が多くなって独立開業がむずかしくなっている傾向にあります。


弁護士はどんな人に向いているの?


困っている人や立場の弱い人を守りたいと思い、相手の話をていねいに聞く姿勢が大切です。
コツコツとデータを集めたり資料を読みこんだりする根気強さも大切でしょう。
判決を争う裁判では論理的な説明で裁判官を納得させることが求められるので、人前で意見を述べることができる人、逆境にも負けない心の強い人がよいでしょう。




カテゴリー : 
おしごと/先輩
タグ : 
#将来
2022.01.07

『将来』のこの記事もあわせて読む!

クラス替え 決まる前 決まった後にキミがやるべきこと

新しい学年が始まる。学校が楽しくなるのもならないのもどんなクラスになるかにかかってる! そこで、クラス替えが決まる前のいまなら、ベストなクラスになるおまじないを! 決まった後にはどうやって過ごすかを特集したよ!
くわしくはこちら!

体育祭準備スタート! 準備でおさえるべきこと

GWがあければ体育祭の準備という学校もあるよね。センパイたちが知っておきたかったな~というあれこれ、ミライ科を見てるキミにだけ教えちゃおう!
くわしくはこちら!