『松浦はこさん(マンガ家)インタビュー』

カテゴリー : 
おしごと/先輩
タグ : 
#将来
2021.11.01
最近はドラマや映画も実はマンガが原作ってことが多いよね。
それに日本のマンガは世界中で大人気だし、マンガをアニメ化した作品も人気。
日本のマンガ文化は全世界で評価される素晴らしいものだ。その分マンガ家になるには予備軍の層が厚くて大変なんだ。
ひょっとしたらキミも将来はマンガ家を目指していて、キミだけの物語を発表したい!と考えているかもしれないね。
そこで今回は進研ゼミで活躍中の松浦はこさんにインタビューしてきたよ!
マンガ家 松浦はこ

さっそく観てみよう!



naruri-ad.jpg

マンガ家

マンガ家の仕事内容は?


さまざまな物事をマンガで表現し、発表します。 マンガ家は、自分の独創的なアイディアや表現したいテーマから、読者が興味を持ってくれるマンガをかいて雑誌などにのせます。 編集者と伝えたいことを相談して決め、登場人物やストーリーを設定すると、コマ割り、下がき、ペン入れなどの作業をしてマンガを完成させます。 作品は単行本になり、人気があるとアニメ化や映画化することもあります。マンガは世界から注目される日本の文化であり、夢のある仕事です。

マンガ家はどんな働き方をするの?


読者からの人気に大きく左右される仕事です。
マンガ家としてデビューすると、出版社から読み切りや連さいなどのページをもらい、編集者と協力してマンガづくりをします。
原こう料はマンガ家の実績や出版社によってさまざまです。
単行本になって売れたり、アニメ化や映画化したりすれば著作権使用料が入るため、高額な収入を得られることもあります。
しかし、そのようなヒット作を生み出せるマンガ家はごく一部で、読者からの人気が低いと仕事がなくなったり、好きな作品づくりをさせてもらえなかったりする厳(きび)しい世界でもあります。

マンガ家はどんな人に向いているの?


マンガ家として成功するには、魅力ある登場人物や物語の設定、読者を引きこむコマ割り、印象的な絵やセリフづくりなど、すべてにわたってセンスや能力が必要です。
絵をかく技術はもちろんのこと、時代の変化や流行を感じる力、だれかのマネではない独創的な作品づくりができる能力なども求められます。
そういったセンスや独創性があれば、ほかに苦手や好きではないことがあったとしても成功できる可能性も秘めています。
情熱をもって取り組み続けるには体力と精神的な強さが不可欠でしょう。


どんな仕事かな?と思ったら「ミライ科」を見てみてね!

カテゴリー : 
おしごと/先輩
タグ : 
#将来
2021.11.01

『将来』のこの記事もあわせて読む!

クラス替え 決まる前 決まった後にキミがやるべきこと

新しい学年が始まる。学校が楽しくなるのもならないのもどんなクラスになるかにかかってる! そこで、クラス替えが決まる前のいまなら、ベストなクラスになるおまじないを! 決まった後にはどうやって過ごすかを特集したよ!
くわしくはこちら!

体育祭準備スタート! 準備でおさえるべきこと

GWがあければ体育祭の準備という学校もあるよね。センパイたちが知っておきたかったな~というあれこれ、ミライ科を見てるキミにだけ教えちゃおう!
くわしくはこちら!